皆さんの子育てを手助けするサイト

良い教育とは何か

皆さんは、子どもをどういう風に育てていますか?子どもの育て方は、とても難しいものですよね。この問題は親になると決めた時から、ずっと付きまとう課題です。一人一人が思う良い教育は違います。父と母で教育方針が合っていなかったら、夫婦喧嘩は避けられません。子どもも人間ですから、本やネットで見た知識をそのまま使えば良いというわけではありません。しかし、どのような子どもでも一定の範囲内で共通して言えることはあります。

昭和時代、子育てには「親は無くとも子は育つ」という他力本願的な風潮がありました。しかし現代は、全く予測不可能な未来を生きなければならない子供たちを育てなければいけません。親は子どもをつぶさないように成長させていかなくてはいけません。

世の中には、教育の上手な親と、教育の下手な親がいます。そこにはどんな違いがあるのでしょうか。

子どもにとって良い教育とは何なのか?悪い教育とは何なのか?良い親とはいったいどんな親なのか?それぞれ解説していきたいと思います。

まず、子どもにとって良い教育とは何なのかについて説明します。続いて、子どもにとって悪い教育とは何なのかについて説明します。子どもを叱るということは、子どもを成長させていくのに不可欠です。しかし、叱るだけではなく、褒めてあげることもまた必要なのです。
最後に、子どもにとっての良い親とは何なのかについて説明します。

良き親になれるよう、このサイトを読んで少しだけでも考えてみてください。

誰もが悩む教育の仕方

良い教育、子どものためになる教育とは、いったい何なのでしょう。親は誰しも、子どもを良い人間に育てたいと思っているはずです。どんな教育の仕方が、子どもに良い影響を与えるのでしょうか?どういう風に声を掛ければ良いのでしょうか?解説していきます。

悪い教育とは何か

皆さんが思う教育とは、本当に子どもにとっての良い教育になっていますか?子どもの気持ちが分かっていないと、たとえ子どものためを思って放った言葉でも、子どもの心を深く傷つけている可能性があります。それが行き過ぎると、いわゆる「毒親」になってしまいます。皆さんの行動は、本当に子どものためになっていますか?

良い親になるために

親の思う良い親と、子どもの思う良い親は違います。子どもが分かってくれないことも、口げんかになってしまうこともあると思います。けれど、間違ったことさえしていなければ、子どもはいつか必ずわかってくれます。諦めずに、自分なりの良い親というものを探してみてください。

≫ TOPへもどる