子供にとって良い教育と悪い教育がある

皆さんの子育てを手助けするサイト

>

誰もが悩む教育の仕方

常に前向きな思考回路で

・ポジティブな思考で接する
「この子は伸びる」と確信を持ちながら接するのと、「この子はどうせ駄目だ」と思いながら接するのとでは、結果が全く違います。直接子供に言うのはプレッシャーを与える原因になってしまいますが、親がこの気持ちをしっかり持っておくのは大切です。
いろいろな選択肢を与え、考える力を付けさせることが重要です。親の期待を押し付けず、自分の手で将来を掴む力を付けさせてあげましょう。
親が子どもの学習に関わる時は、自分でも学ぶ意欲を持って取り組むことが大切です。
勉強の内容を教えるよりは、勉強好きになるような姿勢を教えてあげることが重要です。
子どもは親を見ています。親が充実した生活を送っていなければ、子どもは将来に不安を持ったままでしょう。

子どもを尊敬しよう

・褒めることと叱ることのバランスを大切にする
褒めるだけの教育をすると、家庭以外の場で少し叱られただけで体調を崩すなど、ストレス耐性のない子どもに育ってしまいます。また、効果的に子供を褒めるためには、「ありのままに」「気前よく」「具体的に」「タイミング良く」「過程も含めて」、愛情をもって褒め続けることが大切です。子供をほめて伸ばす教育は、子どもの意欲、学習能力、人間性を向上させます。

・子どもを一人の人間として尊重する
子どもは子どもなりに自分の心を持ち、生きています。子どもだからと言葉や意思を軽視してはいけません。足りないのは知識と経験だけです。子どもであれ、大人であれ、他人であれ、人格的には一人前の人間です。尊敬を忘れないようにしましょう。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる